[F1] SUPER AGURI F1撤退!!

スーパーアグリF1チーム(SAF1)は、本日、F1世界選手権から撤退することを決定した。2006年からプライベーターチームとしてF1に参戦し、昨年はチーム結成22戦目(スペインGP)で初ポイントを獲得、2007年のランキング9位という成績を残したSAF1のF1における活動は本日、その幕を閉じることになる。
鈴木亜久里 チーム代表

「F1チームオーナーになるという私の昔からの夢を実現すべく、2005年11月にF1にエントリー申請をし、2006年よりスーパーアグリF1チームとして、2年と4ヶ月にわたりF1の世界で戦ってきたが、本日その活動に終止符をうつことになった。

多くの自動車メーカーが参戦しているこの世界でプライベーターとして戦いを挑み、昨年はチーム参戦から、わずか22戦目にして初ポイントを獲得しランキング9位となる快挙を達成することができた。しかし、昨年のシーズン初頭から、パートナーとして一緒に戦っていくはずだったSS United Group Company Limitedの契約不履行によりチームは経済的なバックボーンを失い、経営は非常に厳しい状況に追い込まれた。また、カスタマーカーに関する方向性の変化などチームをとりまく環境変化もあり、チームは新たなパートナー探しを精力的に続けてきたが、その活動は難航した。

その間、ホンダから支援を受けながら、なんとか今日まで持ちこたえてきたが、現在のF1を取り巻く環境の中で、今後も安定的に活動を継続していく目処が立たず、本日、F1から撤退するという苦渋の決断をくだすこととなった。

ここまでチームを支えてくれたホンダ、ブリヂストン、そしてスポンサーの皆様、いろいろな状況の中でアドバイスを頂いたF1関係者の皆様、チームが苦しい状況の中でも、モチベーションを絶やさず働いてくれたチームスタッフ、厳しい状況の中でも頑張ってくれたアンソニー、チーム立ち上げから一緒に戦いチームを引っ張ってくれた琢磨、そして、これまでSAF1を応援してくれてきた世界中のファンの皆様に最大の感謝を表したい」

去年後半、そして今年前半の状況から楽観視は出来ないと思っていましたが…。
いざ現実になってしまうと残念と言うか寂しいですね。
でも、過去には、あのアラン・プロストのチームも撤退に追い込まれているだけに、仕方がないでしょう。
今のF1は、お金がかかり過ぎますから。
100億円の借金と言われても、庶民の僕には想像がつかないです。
亜久里さんはF1から遠ざかってしまうかもしれませんが、琢磨選手とは2009年に鈴鹿で会いたいですね。
今からそれを楽しみにしています。

“[F1] SUPER AGURI F1撤退!!” への1件のフィードバック

  1. 私も昔はF1はでした!
    セナが死ぬまでは。。。
    でも短期間の22戦の9位は素晴らしいものが
    ありますよ。でも90年代のF1なら良かったのでしょうが、いまのF1界は少し違うのでしょうかね??
    鈴木亜久里とは一度だけ取材で会ったことがあります!F1でフットワークのマシンに乗ってる時代ですね。若いときから苦労して頑張ってきた人だけに、いままで良く頑張っていたと思います。そう!鈴木亜久里と言えば鈴鹿で昔ですが3位になってます、重いエンジンとギリギリなガソリンで。元祖表彰台かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です