[F1] 2006年第18戦ブラジルGP決勝

良いレースでした。
地元ブラジル出身のフェリペ・マッサはポール・トゥ・ウィン。
フェルナンド・アロンソは2年連続チャンピオン獲得。
そして、ミハエル・シューマッハは、速さを存分に見せ付けて引退。
予選ではコース・レコード。
決勝ではファーステスト・ラップ。
タイヤがパンクして最下位に落ちるも、4位フィニッシュ。
この追い上げは凄かった。
コース上でフィジケラやライコネンまでパスしましたし。
本当に引退するのが惜しいです。
そしてそして。
今回のレースで特筆すべきはスーパーアグリの2台。
2台とも完走しただけでなく、佐藤琢磨選手が10位に入りました!!
しかも後ろに7台も従えての10位!!
開幕当初は参戦自体が奇跡だったのに、ここまで来るとはねー。
来年に期待が持てる10位でした。

“[F1] 2006年第18戦ブラジルGP決勝” への2件のフィードバック

  1. 佐藤琢磨選手が10位にはいりましたか。
    素晴らしいですね。
    今は昔と違ってエンジンもボディのパーツも
    タイヤも何処のチームも差がないですからね。
    昔は成績の悪いチームと良いチームの
    差はすぐに分かりましたかれね。
    ドライバーの腕もありますが。

  2. >ミスターまっくすさん
    来シーズンから、またルールが少し変わるんです。
    タイヤがブリヂストンだけになったりします。
    レースがドライバーの技量中心になって、面白くなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です